TOP

BTM

NEXT

BACK
▶▶
latest
◀◀
B.No
Jump → [Aug.21] [Aug.22] [Aug.23] [Aug.24] [Aug.25] [Aug.26] [Aug.27] [Aug.28] [Aug.29] [Aug.30] [Aug.31]

Aug.21.2014 (thu):

きしょー

→ 6:00 → 8:05 → 8:30。

相変わらず早朝目が覚めて、それ以降睡眠が無駄に細切れになるなあ。もうちょっとがっつり寝たい。

アニメ

グラスリップ

第8話「雪」

駆がもうふたりの自分と会話しているシーンがあったけど、駆が自分に欠けているものがあると思っているのは、あのふたりが見えることで、その分の感情や心が自分から欠けているように感じているからとかなのかな?

てのは兎も角、なんか展開がどんどん怪しい方に向かって行っているなあ。幸に利用されたことを知って心が折れたのか、祐は突然山登りに行っちゃうし。雪哉と祐が立て続けに恋愛模様から脱落しちゃうってことは流石にないとは思うけど。

一方、変なビジョンを見てしまった透子と駆の仲もびみょーな感じに。まあ元々声しか聞こえていなかったのに、ふたりが出会ったことで映像まで見えるようになったんだから、ふたり一緒に居るとまたおかしなものを見てしまうんじゃないかと躊躇するのは分かるけど。でも、変なビジョンが見えてもやっぱりそのビジョンの中で駆とキスしている辺り、透子もわりとえろ子だと思いました(ぉ

P4GA persona4 the Golden ANIMATION

#7 「It's cliché, so what?」


Aug.22.2014 (fri):

きしょー

→ 8:30。

昨夜寝付きが悪かったせいで猛烈に眠い(;´Д`)


Aug.23.2014 (sat):

きしょー

→ 8:10 → 9:35 → 11:30。

また朝から激しく頭痛がする。病み上がり早々激しく残業したから、夏風邪がぶり返してきているのか?

……それなのに休出しなければいけない悲しみ。流石に昼からにして貰ったけど(;´Д`)

アニメ

ALDNOAH.ZERO

08 「“鳥を見た日” -Then and Now-」

飛行戦艦に搭載されたアルドノアドライブを起動させるためにアセイラム姫が正体を明かすのは当然そうなるとは思っていたけど、徴兵されて軍属に成り立てのニーナなんが居る前でいきなり光学迷彩を解くとは思わんかった。結局その場に居合わせた者の間で口止めするわけでもなく、他の人達にも火星人が居ることが漏れちゃっているし、アセイラム自身も隠す気が全然ないし。

しかし、デューカリオンってアルドノアドライブを抜き取る元のカタフラクトの名前を、そのまま飛行戦艦の名前に流用したのか。元は敵国の兵器なんだから普通は名前は付け替えるものじゃないのかなあ。まあ分かり易いっちゃ分かり易いけど。

それにしても、クルーテオはザーツバルグからスパイを送り込まれていることにも気付かないまま良いように乗せられた挙げ句、ようやくスレインの真意を知ってアセイラム姫を保護するため動き出そうとした直後に始末されてしまうとか、何の良いところもないまま退場してしまいやんの。これからやっと見せ場が来るのかと思った矢先なのに酷え扱いだよなあ(苦笑)

キャプテン・アース

21 「キャプテンの条件」

天海道に潜入していたアイがようやく行動を起こしたけど、広末によるハナの拉致工作活動のどさくさ紛れと言う感じでなんか凄えしょっぱい感じ。つか、デブリを自由に操って天海道に向けて飛ばせるんだったら、ミッドサマーズナイツがその対処に追われている間どさくさに紛れて、他の遊星歯車装置のメンバーがキルトガングの姿になって地球に降下してしまえば良かったんじゃねえの?

つか、天海道を護るためにはブーステッドプラズマグナムで大量のデブリ群を身動きの取れないテッペイごと撃たなければならない状況で、広末はダイチには撃てないとか覚悟がないとか言っていたのに、それをやり遂げるなり掌を返してダイチに後を託すようなことを言い出す薄っぺらさは一体なんなのかと。自分だけが覚悟があるとでも思っているなら飛んだ思い上がり。とは言え、あの状況からテッペイが助かった理由が謎過ぎて、御都合主義としか言いようがなさ過ぎる展開だったけど。

つか、方舟派の幹部もダイチのことを認めるようなことを言っていたけど、これでハナのことは諦めたのかな?

ソードアート・オンラインⅡ

#8 「バレット・オブ・バレッツ」

いよいよ BoB 本戦の開幕なわけだけど、その前に出場者リストから死銃のプレイヤー名を探そうとしていた時、シノンが Sterben をスティーブンと読んでいて噴いた。もうあからさまに死銃としか思えない名前なのに。とは言え、ドイツ語だから普通の高校生じゃ読み方も意味も知らないだろうし、しょうがないところなんだろうけれど(苦笑)

どうでもいいけど、トトカルチョが賭博の意味で使われていたのは、サッカーブームでセリエAが日本で有名になる前の精々80年代くらいまでじゃないのかなあ。本来はトトがくじ、カルチョがサッカーの意味で、カルチョの意味が広まった辺りで一気に廃れた死語だと思っていたんだけど。川原礫って一体何歳なんだろう?

ゲームが始まったらキリトとシノンは暫くは別行動かと思っていたけど、開始直後にいきなりキリトがちょっかいを出していて笑った。シノンが気付かなかった理由も、キリトが川を潜って移動していたからとか、相変わらずやることが非常識だし(苦笑)

魔法科高校の劣等生

#21 「横浜騒乱編Ⅲ」

いきなり冒頭からピクシーがしれっと横切っていて一瞬「え?」と思った。知らない人が見たら単なるメイドロボだよなあ。まあ実際もメイドロボ――とは言え、今のところマルチとかみたいな感情は持っていない本当に単なるロボだけど。

それにしても、関本は性格もああなのに、見た目まであんなじゃ友達とか居ないんじゃね? 選考でもし関本が選ばれていたとしても、手伝ってくれる仲間が居たとは思えないのは俺だけなのか? 悪役とは言えキャラクターデザインが輪を掛けるようなものになっていて、ちょっと扱いが不憫過ぎるような気が。まあ、騒乱編以降出番がないから別に構わんのかも知れんが(ぉ

後、今回はレオと幹比古のラッキースケベイベントがそれぞれ描かれていたけど、前者の方は原作を読んでいないと、レオにエリカの居場所を教えた女性が誰なのかが全然分からないと思った。ストーリーに関係ないんだし、いっそ省いて良かったんじゃね?


Aug.24.2014 (sun):

きしょー

→ 10:00 → 14:30。

休みだからがっつり寝ようとアモバンを1錠呑んだら効き過ぎた。いつまで経っても眠いわ、味覚もおかしいままだわ(;´Д`)

本日のお届け物

From amazon.co.jp.

アニメ

ハイキュー!!

第21話「先輩の実力」

天才セッター影山の入部で試合の出場機会がなくなっていた菅原に、遂にスポットライトが当たる日が。影山が不調に陥ったことによる代役とは言え、影山とは違う方向性でちゃんとチームを支えていたのが流石は3年生と言うか、チームの大黒柱である主将の澤村以上に裏の大黒柱として機能していることがよく分かる回だったと言うか。つか、チームの全体に目が行き届いていて、選手全員のモチベーションを引き出すってのは、影山には性格的に出来ないことだよなあ。

とは言え、ゲームから一旦外れたことで影山が冷静さと闘志を取り戻したら、また変えられちゃったけど。まあ影山じゃないと日向は変人速攻が使えないし、手持ちの武器が減った状態のまま勝てる程、青葉城西は甘い相手じゃないからしょうがないけど。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

第8話「勇気をだして、呼んでみた。」

今回は奈々子とみらいが打ち解けるエピソードだったけど、みらいの人見知りが治ったと言うより、よく考えるたら奈々子との距離が縮まっただけで、縁とみらいはあんまり接点がないままだったような気が。今回は奈々子とみらいがメインのエピソードだからなのかも知れんけど。と言うか、主人公は奈々子だから、奈々子を中心にした人間関係をメインに描いている?

それにしても、魚心くんの視界って一体どこから外を見ているんだろう。あの目の部分がメッシュになっているとかなら、視界は極端に狭いだろうし、そんなのでバク宙したら着地で足下は全く見えてないよなあ。そりゃ禁止されてもしょうがないわな。

RAIL WARS!

第八話「わたしが届けます」

アプトくんってことは、ED42型電気機関車がモデルなんだろうけど、EB42型軌道自転車って実在する車体すんの? 自転車発電を動力源にするって、交通博物館的なところでの体験搭乗会か、災害時くらいしか使い道がなさそうな気がするけど。

それにしても、今回は教会というよりにもよってな場所で、ヒロイン3人と出会すと言う最悪な状況だったから、てっきり高山を巡っての恋の鞘当てを描く回なのかと思いきや、あっさりいつもの災害救助みたいな仕事をすることになって、なんか有耶無耶になっちゃってやんの。四角関係の行き先が一体どこなのか、全く状況が読めないな。そもそもメインヒロインがあおいってのが誰得だし。


Aug.25.2014 (mon):

きしょー

→ 8:10 → 9:30 → 11:30。

起きるなりしんどい。昨日の不調をまだ引き摺っている感じ。久々に腹詰まったしなあ(;´Д`)

本日のお届け物

From amazon.co.jp.

本日のお買い物

仕事帰りに『めろぶ』で。

アニメ

六畳間の侵略者!?

#07 「わらわの騎士」

前回ラストでティアを狙っていたのはフォルトーゼ第二皇女のクラン。と言うことで、やっぱり今章はティアの方が話のメインだったな。と言うか、前回はティアが当て馬っぽい描かれ方をしていたのに、今回は対照的にティアといがみ合っている様子を見ていた桜庭先輩の方が当て馬っぽかったし。おまけに文化祭での本番の様子はさらっと流されちゃって、出番自体が少なかったし。

それにしても、今回は本物の青騎士の鎧が寸分違わず孝太郎の体型と一致していたり、キリハの言う「あの人」が言った言葉が青騎士の科白と同じだったりと、今後の展開の伏線が散りばめられまくっていたな。青騎士の剣=シグナルティンの形状もお守りが変化した光の剣と同じだったし、展開的に孝太郎=青騎士なのは確実。だとすれば、孝太郎は過去のフォルトーゼにタイムスリップして青騎士として活躍することになるわけで、となるとキリハと出会った「あの人」は過去から現在に帰還する途中の孝太郎か?

アカメが斬る!

#8 「三匹を斬る -後編-」

対三獣士戦でリヴァと相打ちになったプラートが退場するのと引き替えに帝具を手に入れて、ようやくタツミが主人公らしくなりましたな。つか、リヴァから毒を受けて死に掛けているのに、インクルシオを受け継ぐことに及び腰になっているタツミに活を入れるプラートが、あまりにも魂が籠もり過ぎていて死に掛けとは到底思えなかったけど(苦笑)

ラストでアカメの妹クロメが顔見せしたけど、なんか俺のイメージとは喋り方が違うなあ。無邪気なのは良いんだけど、もっと無機質で心が抜け落ちたような、「精神が壊れて」いるのが声にも出ていると思っていたんだけど、あれじゃ普通に感情がある感じだし。


Aug.26.2014 (tue):

きしょー

→ 7:10 → 9:30。

なんか朝からいきなり下痢ってやんの。詰まっていた反動っぽいけど(;´Д`)


Aug.27.2014 (wed):

きしょー

→ 8:30。

寝不足だったからか途中全然目が覚めなかった。と言うか、ぶっちゃけしんどい。

アニメ

Free! Eternal Summer

9Fr 「失速のフォーミング!」

凛の将来のことを考えて云々とか、大学からのスカウトとか、教師からの無責任な期待とか、遙の気持ちを置き去りにして、どんどん変な方向に話が流れて行っているとは思っていたけど、外野からのノイズにプレッシャーを感じてレースの途中で足を着いてしまうとは思わなんだ。今までずっとマイペースだった遙がプレッシャーとか、なんか凄い違和感がある展開だけど、ひとりでフリーを泳ぐことしか考えてなかったのに、仲間とのリレーを重視するようになった変化の副作用なのか?

後、遙のことと宗介の肩のこととどう絡めて行くんだろう。宗介の負傷が治っていないことを知っている遙が、リレーで全力を出せない展開になるのかと思っていたけど、この流れからするとどうも違うようだし。そもそもリレーの担当種目自体が違うしなあ。

それにしても、このシリアス展開にこのノーテンキ ED は場違い感甚だしいな。シリアス版 ED を作っても良かったんじゃ。

スペース★ダンディ

#21 「悲しみのない世界じゃんよ」

開始直後から死生観のあやふやな鬱蒼とした世界だとは思っていたけど、本当にまんま死の世界だとは思わんかった。サブタイの「悲しみのない世界」って「苦しみも悲しみもない世界」=死後の世界と言う意味だったのな。

つか、惑星リンポーの意志であるポーが、惑星のエネルギーを使ってダンディが死んでいない別次元に帰還させたのは良いけど、最後にゴンドラに乗ったダンディがポー達の元に戻って来たのはどう解釈したらいいんだろ。ダンディを助けることで代わりに惑星リンポーと共に滅んだポー達が、別の死の世界に行ったところに死んだ次元のダンディが戻って来たってこと? それともちゃんと寿命で死んだダンディが戻って来ただけなのか。どうとでも解釈出来そうでよく分からんかったな。


Aug.28.2014 (thu):

きしょー

→ 8:30 → 11:30。

頭痛がするわ喉は涸れているわで、しょうがないのでまた半休。いい加減不調続きをどうにかしたい。

本日のお届け物

From AUGUST.

アニメ

グラスリップ

第9話「月」

P4GA persona4 the Golden ANIMATION

#8 「Not So Holy Christmas Eve」


Aug.29.2014 (fri):

きしょー

→ 8:20。

不動産税と言う名のお布施を払うために銀行に寄らねばならんので、いつもよりちょっと早めにおっき。

本日のお買い物

『めろぶ』で。

天月るり=夜天月=島田ひろかずの新刊は、まん肉の陰毛描写が妙にえろくなっていたので購入決定。夜天月名義の単行本の時は、鼠蹊部辺りだけにしか生えていないおざなり描写だったような憶えがあるんだけど。

本日のお届け物

From amazon.co.jp.


Aug.30.2014 (sat):

きしょー

→ 16:45。

よく眠りはしたけど、朝まで起きていたので実は寝足りん(ぉ

アニメ

ALDNOAH.ZERO

09 「“追憶装置” -Darkness Visible-」

ザーツバルグがスレインを攫っていった理由は何かと思っていたけど、アセイラム姫暗殺を企てた罪を全部クルーテオに着せてスレインを利用するつもりかと思いきや、結局自分からバラしてしまいやんの。と言うことは、本当に恩人の息子だからと言う理由だけで保護したのか? ひょっとしてクルーテオがスレインを殺そうとする度に口を挟んでいたのもそのため?

ザーツバルグが暗殺を企ててまで戦争を起こそうとしている理由も今回明かされたけど、歪んだヴァース帝国の統治体制の犠牲者になった婚約者の死に対する復讐だったわけか。これで他の戦功目当ての薄っぺらい脳筋騎士連中からはキャラ立ちが更に抜き出たことだし、このままクライマックス付近まで表に出て来ず暗躍しそうな感じだなあ。つか、本来なら皇帝にぶつけるべきじゃねえの?と思うけど、戦争を通じてヴァース自体にも打撃を与えようとしているのか?

アセイラム姫がライエに首を絞められたけど、デューカリオンのアルドノアドライブが停止したのは、死んだからじゃなく気絶したからってところなんだろうな。アセイラム姫の方は兎も角として、問題はこの後ライエがどう言う行動を取るかの方か。

キャプテン・アース

22 「発動オペレーションサマー」

遂にオペレーションサマーの発動と言うクライマックス展開に突入。前回ダイチの覚悟を認めるようなことを言ってたと思ったのに、この期に及んで方舟派が妨害に現れるのは兎も角、方舟派が投入したインパクター・ガルムエンジンに、エンタングルリンクに突入したブルーメが突っ込んでしまうとか展開が予想外過ぎ。まさか真正面に向けて加速しているとは思わんかったし。

つか、ガルムから分離されたケルベロスの迎撃に出ていたダイチが、エンタングルリンクを開始したブルーメにぎりぎり追い付くと言う展開からして、定石的には衝突の直前で転移して躱すもんじゃね? なに真正面から突っ込んでるんだよ。あまつさえなんでダイチは白昼夢的なパラレルワールドで目覚めちゃってるんだよ。今更こんな横道展開やっている余裕あるの?(苦笑)

ソードアート・オンラインⅡ

#9 「デス・ガン」

ALO から GGO の BoB を観戦しようと言う話はしていたけど、本編中でここまでちょいちょいアスナ達が観戦している場面が挿入されるとは思っていなかったな。まあこうでもしないと既存キャラの出番が全然なくなってしまうってのは先週も書いた気がするけど。つか、「カメラに写る隙もなく背後から不意打ちしまくり」と言う、キリトに対するユイの認識はどうなんだ。キリトってわりと正面から戦ってね? リズの「ガンゲーなのに剣で」と言う方は的を射まくっていたけど(苦笑)

それにしても、スタン弾で敵の身動きが取れない状態にしてから死銃で止めを刺すと言う遣り方がねちっこくて嫌な感じ。まあ元ラフコフメンバーらしいと言えばらしいけど。ラストでそのスタン弾でシノンが遠距離狙撃を受けていたけど、どうせキリトさんが颯爽と助けに来ると思うと、特に緊迫感がなくなってしまうのが(苦笑)

魔法科高校の劣等生

#22 「横浜騒乱編Ⅳ」

展開のテンポが良いと言えば良いけれど、流石に呂剛虎戦を2回とも1話で消化してしまうと、詰め込み過ぎな感じが否めないなあ。まあ戦闘シーンがたっぷりあったお陰で、今までみたいにカットしまくりで全然描写が足りてない感はあまりしなかったけれど。とは言え、修次と痛み分けした直後で傷口を魔法で塞いだだけなのに性懲りもなく作戦行動に出てくるのを見ると、呂剛虎がと言うか、命じた陳祥山の頭が悪いとしか思えない。他に兵は居らんのかと。

後、突っ込みどころとしては、化成体で追跡されているのに達也が気付いていたのに、そのまま FLT まで引き連れて行っちゃうのはどうなのかと。原作ではちゃんと途中で喫茶店に寄って深雪に撃墜させていたのに。おまけにアニメでは完全に勾玉を達也が持っていると言う前提で、攻撃を仕掛けているかのような描かれ方になっちゃっていたし。

>Win『PRIMAL×HEARTS』ま~まれぇど amazon

1st play #1

Episode 2 「嘘とバンドと友情と」で、新議題が提出されたところまで。

開始当初からずっと選挙選挙って一体何の選挙かと思えば、まさか学食の新メニューで争っているとは思わなんだ。選挙を中止に持ち込むために両生徒会の納得する新メニューを開発し始めた時に、両者のメニューを合体させようとしていたことで、最終的に何になるのかは見当が着いたけど、途中段階で作っていたカレーソース掛けナポリタンは流石にどうかと思った(苦笑)

それにしても、Ep.1 の間にヒロインが全員出揃いはしたけど扱いが全然平等じゃない。今のところ仲の良さなら、クラスメートと言うこともあってゆづきが断トツで、逆に歌奈先輩が最下位独走中。もうちょっと出番と主人公との仲の進展は平等にすべきじゃ?

後、ビッチさんと萌衣先生が完全にサブキャラなのが勿体ないと思った。ビッチぶってるくせに実は家庭的かつ純情乙女とか、婚期遅らせてあせっている上にドジっ子なちんまい女教師とか良いキャラなのに。サブルートでも良いからちゃんとサブヒロイン扱いして欲しかった。


Aug.31.2014 (sun):

きしょー

→ 14:20。

寝相が悪かったのか背中がバキバキ。特に左肩甲骨の内側が痛くてしょうがない(;´Д`)

アニメ

ハイキュー!!

第22話「進化」

前回菅原の試合運びをコートの外から見たことで、影山が日向以外の選手にも気を配るようなりだしたけど、犬猿の仲の月島相手にまで気を遣うようになるとは思わんかったな。でも、月島は嫌がっていたとは言え、ブロックの状況を読んでセットアップの位置を変えるってのも、影山のセンスならではの技な気がするけど。まあピンポイントでトスを上げられるんだから当然か。

今回は及川大王の回想シーンがわりと長い尺で描かれていたけど、あれは影山が菅原の影響で進化を見せ始めたことへの対比なのかな? 菅原と及川が対照的なセッターであるのと同様に、及川と影山も対照的なわけだし。ただ、及川にあって影山になかった部分は、菅原の影響によって克服されつつあるけれど。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

第9話「ワガママ言ってみた。」

前回ひかりがバク宙禁止されていたのに、今回駅であっさり改札を飛び越えるゆい魚心くん。奈々子が「みんなはやらないでね」とか言って注意していたけど、完全に子供に真似されたら駄目な行動だよなあ(苦笑)

てのは兎も角、今回は縁が風邪で倒れたのを切っ掛けに、奈々子との出会いから流川ガールズ結成までの縁の過去が描かれた回。流川ガールズはまだ分かるとして、なんで元市長の孫娘がデパ屋で着ぐるみ着て風船配りのアルバイトをやっていたのか。高校入学と共にひとり暮らしさせられているくらいだし、アルバイトも社会経験としてとかか? とは言え、女子高生が何故着ぐるみ?

つか、縁が初対面の時から奈々子のことを気に入っている節があったけど、それって以前に一度会ったことがあって、その時の奈々子の言動が縁の行動に影響を与えていたからか。

RAIL WARS!

第九話「ありがとう」

走っている列車の窓からトンネルの壁を蹴って体勢を立て直すって、いくら脳筋岩泉とは言え無茶苦茶過ぎるにも程があるだろ。そんなことをしても、壁に接触した瞬間に進行方向逆に弾かれて、振り落とされる可能性の方が高いし。あまつさえブレーキが吹っ飛んだかって人力ブレーキとか無茶苦茶にも程があるだろ。どんだけ体力馬鹿なんだ岩泉(苦笑)

今回のメインは暴走列車のスピード感を楽しむところで、次点がようやくヒロインらしくなってきたあおいの振るまいかな? 今回みたいな感じで来れば、メインヒロインがあおいでもやぶさかではないんだが(ぉ

>Win『PRIMAL×HEARTS』ま~まれぇど amazon

1st play #2

Episode 2 「嘘とバンドと友情と」終了まで。

天道会圧倒的有利な状況で、ゆづきに頼まれそれを聖良に口実に使われたせいで月華会を手伝うことに。今回はどちらかに投票すると宣言してしまった手前、月華会を勝たせるんだろうけど一体どう逆転するのかと思いきや、月華会内部で立場が追い詰められたゆづきと庇った聖良を助ける方向に動くとは思わんかった。つか、五明って雑務だけしか出来ないくせに、要らん子過ぎね?

それにしても、これまでの展開ではもう完全にゆづきが1トップ状態なんですけど。聖良はネトゲとかスマホとか正体がちらちら見え隠れしているので、裏ヒロインっぽい立ち位置で浮上してきそうな感じだけど、そもそもお前がメインヒロインじゃなかったのかよと。陽姫と歌奈は今のところ恋愛要素が全然見えてきてないし。