TOP

BTM

NEXT

BACK
▶▶
latest
◀◀
B.No
Jump → [Apr.21] [Apr.22] [Apr.23] [Apr.24] [Apr.25] [Apr.26] [Apr.27] [Apr.28] [Apr.29] [Apr.30]

Apr.21.2007 (sat):

きしょー

→ 13:10。

なんか頭が痛むな。また風邪を引き掛けてたりするのか?(;´Д`)

アニメ

おおきく振りかぶって

第2話「キャッチャーの役割」

ガクブル三橋の性格に問題があるのは一目瞭然だけど、キャッチャーの阿部にもやっぱり問題があるのな。ピッチャーの性格を毛嫌いしてたけど、ピッチャーよりも我の強い性格をしてる阿部が投手を自分の支配下に置いて完全に思い通りに投げさせようとしてたんだろうってのが丸分かり。投手を道具としか見てないし。

しかし、監督のキャラは相変わらず立ちまくりだけど、前回では全然掴めなかった顧問の志賀先生も思ってたより遥かにいいキャラしてる。うんちく三昧なところと言い、いきなりえろトークを始めるところと言い(笑)

キスダム ENGAGE planet

第三節「友輩キズナ

もう脚本が突っ走り過ぎてて何がやりたいのやらさっぱり分からん。人物描写が全然付いて行ってないのにお構いなしに進行してて話の展開が強引だし、挙げ句の果てにもう皆殺しかよ。

作画もセリフと全然関係ないカットを繋いでたり、口パクが激しく合ってなかったり、絵をやたら使い回してたり、中割が粗いカットがあったり、間に合った材料を寄せ集めてなんとかかんとか撮影をしましたって感じ。絵の密度自体はそこそこ濃いから、『シュラト』や『ガンドレス』みたいな伝説級の酷さまでは行かんかったけど。


Apr.22.2007 (sun):

あさ

→ 7:00 → 8:30。

変な時間に一回目が覚めたせいでねもい(;´Д`)

アニメ

天元突破グレンラガン

第四話「顔が多けりゃ偉いのか!?」

今回はまたえらいくせの強い作画だけど、どっかで見たことがある絵だなと思ってたら、小林治だった。

作監だけじゃなく絵コンテや演出までやってたせいで、雰囲気もどうも小林治独特の一歩引いた淡々としたものになってた感じ。『グレンラガン』らしい勢いとか無闇な大盛り上がりとかが足りない。作風と合ってないって言うか、起用するならもっと違う回にした方が良かったんじゃないかって気が。初合体ではないとは言え合体シークエンスを完成させる回なんだから、もうちょっと盛り上がってもいいよな。

(追記)本人のサイトによると、クレジットされてないけどシナリオも小林治が書き直してたそうな。道理でこんなぐだぐだだらだらした話になるはずだわ。もっと作品のカラーを考えた仕事をしてもいいと思うんだけどな。

ハヤテのごとく! Hayate the combat butler

第四話「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」

咲夜、伊澄、ワタルの同年代組の出番をすっ飛ばして、いきなり4巻のヒナギクの登場までジャンプしたか。確かにヒナギクが出てから急速に面白さが増したし、アニメのスタッフはよく分かってると言えるな。

しかし、パロディがどんどん原作より増量されてってるんですが。しかも、雪路にぶっ飛ばされたハヤテのやられ顔が思い切り車田顔なんだけど(笑) 雪路が踊ってたのはキグナスの舞だっけ?

ぼくらの

第3話「秘密」

ワクの戦いの後日談。警察の取り調べやら葬式やら重苦しい展開のはずなのに、わりと淡々と話が進んでいくのが鬼頭節な感じだな。警察は自然学校の生徒達に早速目を付けてたし、内調だかもワクの遺体を調べに来てたし、この作品内の日本の捜査機関はわりと優秀に設定されてるっぽい。

しかし、これだけで1話使っちゃったけど、これって2クール作品だったのか?


Apr.23.2007 (tue):

あさ

→ 9:55。

やけにすぱっと目が覚めたけど、何かさみいな。やたら気温低いぞ。

本日のお買い物

駅の『天牛堺』で。

アニメ

らき☆すた

#3 「いろいろな人たち」

なんか更に小ネタが詰め込まれまくってきてるな。見た目から思い切りな『クロ高』と『ぱにぽにだっしゅ!』のパロに始まって。つか、林田なんかそよぐモヒカンまでやってるし。後は名前をもろに出してたマナカナやコナン、金田一とか、やや遠回しな『北へ』『ウエP』ネタとか、基準が謎なピー音入りの『ドラクエⅤ』ネタとか。

ED は3曲目はアニメって言ってたからどうせスーパーロボットものとかで来るんだろうと思てたら、意表を突いて京アニ繋がりの『ふもっふ』 OP でやんの。しかもマジ歌いしてやがるし(苦笑)

英國戀物語エマ 第二幕

第二章「月光」

エマはいい感じにメルダース家に馴染んで行ってるのかと思えば、やっぱりウィリアムとの別れを引き摺りまくってる様子。ウィリアムはウィリアムでエレノアとクイーンズコートに家族同伴のデートに行ったものの、心ここに在らずと言う状態。途中まで見てて辛かったのはエレノアの方だけど、やっぱりエマもウィリアムも辛いわな。

ただ、やっぱり気になるのはハンスだな。エマにちょっかいを出しそうに見えてならん。


Apr.24.2007 (tue):

きしょー

→ 13:45。

なんかがっつりよお寝たけど、今日はなんか寒くて手脚が冷えてる(;´Д`)

本日のお買い物

駅前の本屋さんずで。

アニメ

魔法少女リリカルなのはStrikerS

第4話「ファースト・アラート」

話的には前回とやってることほとんど同じ。なのはさんが新人達を訓練して、はやてがお偉いさんと会議。終盤でようやく事件が発生して初仕事開始。説明はもうちょっと事件の合間とかに分散させればいいのに。

なのはさんのしごきが鬼教官らしくなってきてたのに模擬戦闘でわりとあっさり新人にシールドを抜かれてて、なんか弱体化してないか?と思ってたら、隊長達は能力限定が掛けられているそうな。一応理由は説明されてたけど、どう見ても新人達に活躍させるためのギミックだよな。

今回はカットごとに絵がバラバラで作画が低下してたけど、まあ毎度のことですな。下手なだけで似せる気がないわけじゃないからいいけど。新デバイス登場時とかのふにゃふにゃした変な動きは要らんと思った。

アイドルマスター XENOGLOSSIA

#4 「餃子とアメリカンドッグ」

伊織が当面のライバルキャラなのかと思ってたのに仲良くなっちゃいましたな。と言うか、伊織はガチツンデレ。お礼のアメリカンドッグを持ってきたのに素直に言い出せないところとか。うっかりなところも萌え。とか、こなたみたいなことを言ってみるテスト(ぉ

無闇に春香に絡んできて性格悪いのかと思ってたけど、考え方や感じ方は春香よりだった。てことで、クール真が今後はライバルキャラってことになるんかな? 実力差はかなり大きそうだけど。


Apr.25.2007 (wed):

きしょー

→ … → 14:55。

どうもやっぱり風邪を引いてたようで昨晩熱が出てた。お陰でがっつりよく眠れたけど、眠剤もよく効いてたようで目がしょぼしょぼして開かない。つか、取り敢えず熱は下がってるけど節々がまだ痛む(;´Д`)

本日のお買い物

駅の『天牛堺』で。

やっぱ『天牛堺』はエンタブとかワニとかが弱いなあ。アニメ化すれば放映中は入るんだけどな。

本日のお届け物

From TABLIER COMMUNICATIONS.

発売日ぴったりに来やがんの。同封されてた小為替は \200 だった。\50 多いのは手数料?

アニメ

ながされて藍蘭島

#4 「にげてのがれて、お姉様」/「おどろいて、悪霊」

すずの目玉はワクテカしてる時もうるうるしてる時もでっかくなるらしい。

我ながら↑この感想はどうかと思った(ぉ それは兎も角、行人はいつの間にやら体力的に島に順応してるようだな。あんなデタラメな神社の階段を登り切ってるし、水汲みもなにげにこなしてるようだし。

ただのドタバタだけどクオリティも安定してるし、安心して楽しめる番組ですな。

機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ

03 「摩擦 Conflict×Causes」

対中央国戦の後日談な説明回。ようやく「赤道の冬」と呼ばれる大災害の原因とか、こんな意味の分からん戦争をしてる理由とかが分かった。災害を起こしたのも戦争をしたがってるのも彫刻なわけね。戦争しなきゃ災害を起こされるんじゃ、そりゃ戦わざるを得んわな。まあ、それを利用してる人も居るようだけど。

中央国戦開戦時の中央国軍のあの行動は特殊部隊の独断専行ってことらしい。汚ない手口の責任を全部軍部に押し付けてやんの。中国がベースになってる国の国家主席がそんな綺麗なわけねえ(ぉ

後、やっぱり英仏は仲が悪いのかとか、ドイツがイタリアと開戦したのはやっぱ第2次大戦のしこりですか?とか(ぉ つか、みんな日本に攻めてくるってわけじゃなく、取り敢えず近場とやり合ってるわけね。


Apr.26.2007 (thu):

きしょー

→ 13:30。

ビミョーに暑かったので窓を少し開けて寝たらちょっと寒かった(;´Д`)

アニメ

DARKER THAN BLACK 黒の契約者

第四話「新星は東雲の空に煌く…(後編)」

やっぱり酷い話だった。黒が接近した女の子はみんな不幸な目に遭うのか。と言うより、契約者の情報に近いところに居るからこそ不幸に巻き込まれると言うべきか。今回の舞は契約者そのものになっちゃったけど。

今回の話で設定が大分見えてきたけど、結局契約者と同時に生まれる新星は一体何だろう。天文部もそっちの新星を調査・観察してるのか、契約者の方なのかどっちなんだ?

ひとひら

第4幕「頑張ってる…?!」

んー、やっぱりいまひとつテンポが悪くてメリハリのない脚本だなあ。前半だらだらだったのに後半は突然シーンの繋ぎがぶつ切れになるし。テスト結果を引き剥がして逃げる辺りのノリは結構良かったのにちゃんと落ちてないまま次のシーンに行っちゃうし。結局賭けはどうなったんだよ。

作画も結構不思議な感じ。絵柄的には凄く安定してていい感じなのに、窓から体を出してるシーンで体の出し方が変で壁の厚みがないように見えたり、会長が麦の頬を撫でる仕草が空振りしてるように見えたり。


Apr.27.2007 (fri):

きしょー

→ 11:00 → 12:20。

なんか今日も手脚が冷えてて、ビミョーに痛だるい(;´Д`)

ちょいバシ

いつも通り価格調査で『PLUS+』から廻ってみたけど目当てのものは 404。最近どうも入荷がいまいちなのはなんでだろう。売れ線ソフトでも潤沢に出回るものと全然なものに別れてる気がする。

てことで、『ザウ1』へ。5F で価格チェックしてから 6F で要らんソフトを錬金術。2.5 えろげくらい懐が潤った。てなわけで、5F に戻って目当てのぶつをお買い上げ。

後は『めろぶ』で漫画買って、『ぶうらんじぇ』でパン買って離脱。

本日のお買い物

アニメ

瀬戸の花嫁

第四話「男はつらいよ」

相変わらずハイとローの切り替えが激しくてテンポいいな。勢いあり過ぎ。つか、永澄の顔は毎回と言うかしょっちゅう変わりまくってて今回はアバンからいきなりジョーもどきになってたけど、ああ言うのは一体どこまでデザインが起こされてるんだろうなあ。ぶっとび時のうみにんみたいなのとか。

今回は永澄の幼馴染みで銭形巡登場回。警察と任侠と両極端だけど中身全然燦と変わらん。巡もどうやら永澄のことを気にしてるようだし、このまま学園編で三角関係とかに発展していくんだろうか。予告では普通の学園物にはならないとか言ってたけど。つか、どうせ瀬戸内組の面々がやってくるんだろ(笑)

Cパートの「今日の政さん」だけは無駄に尺が長くていまいちだった。

この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~

#4 「六条宮穂(後編)」

話が端折られ過ぎてて原作ってこんな展開だったか?とか思った。結局明確にくっついた描写はないものの宮ルートのかなり終盤までやっちゃいやんの。滝村さんが航の前に立ちはだかる展開はなかったけど。

作画はわりと良かった方。あくまでもこの作品内基準で。航とかじいちゃんとか結構ちゃんとしてたし。


Apr.28.2007 (sat):

きしょー

→ 13:25。

わりとがっつり寝たはずだがビミョーに眠剤が残っててねもい。

本日のお買い物

駅前の本屋さんずで。

アニメ

おおきく振りかぶって

第3話「練習試合」

なんか三橋とチームメイトだった三星のキャッチャーはえらそうなことばかり言ってるけど、自分は三橋の力で勝つ努力を放棄した、叶の力がないと役に立たないヘボキャーじゃねえの?と思えてならない。阿部みたいに自分のリードでなんとかしてやるとか思わないところが捕手としての底の浅さを露呈してるよな。

今まで三橋のおどおどびくびくっぷりは誘い受けなんじゃねえかとか思ってたけど、手のタコで三橋の努力を知って涙ぐんでしまう阿部も十分そっちの気があると思いました(ぉ

キスダム ENGAGE planet

第四節「炎幻カギロヒ

4話目にして早くも総集編。たった3話分しかないのに。内容的にも3話分を再構成して纏めてあるだけで新しい情報の提示は全くなし。大体、元監督が逃げて今後の展開が分からなくなっちゃったから話をリセットするために3話目で皆殺しにしたんだろうに、それを纏められたって時間稼ぎ以外の意味はないよな。

Win『借金姉妹』Selen amazon

1st play #1

一週目水曜日が終わったところまで。

体験版でプレイ済みのオープニング部分+調教2回だけ。オープニングは書き直しと書き足しがちょこっとあった。話の本編はまだ2日進めただけなので全然進んでない。


Apr.29.2007 (sun):

あさ

→ 8:30。

寝不足でげろねもい(;´Д`)

アニメ

天元突破グレンラガン

第五話「俺にはさっぱり判らねえ!」

絵も話も元に戻った。やっぱり #4 は要らない子(ぉ

とは言っても、穴に落ちちゃったせいでほぼ全編に渡って画面がセピア調だったし、#1 に近かった感じ。人口が 50人を超えたら口減らしのために地上に出る人間を選ぶって、カミナとシモンが居たジーハ村みたいに穴を広げるって発想はないのか? なんか宗教に縛られた閉塞した世界っぽかったけど。穴を出たロシウ達3人はカミナ達とずっと一緒に旅をすることになるのかな?

ハヤテのごとく! Hayate the combat butler

第五話「不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ」

話が2巻に逆戻り。原作では別々の話だった咲夜と伊澄の初登場エピソードをひとつに繋げてますな。元々、咲夜の初登場回に伊澄も名前だけは出てたんだし、わりと巧い繋ぎ方じゃないかと思った。むしろ原作を今読むと逆に水増し感があるかも(ぉ

ギャグのレベル的には全部大差ないのに、「ヤー」とか「眉毛ボーン」がありで「ゲッツ!」にピーが入る謎。今やダンディ坂野自体がピーな存在だと言う意味ですか? そうだと言われれば納得してしまうけど(ぉ

ぼくらの

第4話「強さ」

小高勝回。成金特有の傲慢で他人のことを考えない横暴な父親を尊敬し、自分もそんな「選ばれた人間」だと思い込もうとしていた小高。でも、自分のミスで父親をジアースの下敷きにして殺した瞬間心がぽっきり。政治家らしき相手との電話で媚びへつらうような小さい人間でしかなかったのに。

そしてゲーム終了後、ワクと同様に死んでしまった小高の前でジアースの動力源と操縦者の運命を告げるコエムシ。ここからがいよいよ本番ってところか。それぞれが如何に生と死を見つめ戦いに臨んでいくかの。

ジアースと敵ロボットだけど、敵が街を壊すのに躊躇してたのと転送されて出現するのを合わせて考えると、敵は並行世界の地球から来てるとかか? 敵の核は実はコクピットで、並行世界間の生き残りをかけたゲームとか。それでもゲームの主催者の意図は分からんけど。

Win『借金姉妹』Selen amazon

1st play #2

一週目日曜日が終わったところまで。

香純ちゃんの処女をいただいて、香帆に調教参加を持ち掛けたところまで。初回だし取り敢えず調教は一番上を選び続けてたけど、イベント名からすると既に分岐が始まってる様子。


Apr.30.2007 (mon):

きしょー

→ 11:45 → 14:10。

昼前に一度目が覚めたけど頭痛が酷いので二度寝。二度寝の後もやっぱり痛いけど(;´Д`)

結局

起きてからは一日中 NHK-FM でアニソン三昧を聴いてた。

おやじキャプチャーだな、あれは(ぉ

アニメ

らき☆すた

#4 「やる気の問題」

平野綾のしんちゃんの物真似はほんとに似過ぎててヤバいと思った。ラジオかなんかで聴いたことはあったけど、アニメのネタにするとは。誕生日のプレゼントは、かがみはハルヒの団長腕章で「アンタの方が似合いそう」、つかさのは東鳩制服で「あんま変わんない」とか言ってるし。もうやりたい放題だ(笑)

後、こなたが『ハルヒ』見て貶してた長門の長回しの回ってヤマカンがコンテ描いた回だろ。何この自虐ネタ。これ見た後だと監督降板がネタ以外の何物にも思えなくなってくるぞ(笑)

英國戀物語エマ 第二幕

第三章「涼雨」

ミセス・トロロープはウィリアムのおかんだったのか。そっち方面から繋がってウィリアムと再会って展開になるのかな? 一方、ウィリアムはエレノアにもう会わないとか言いつつも、あっさり絆されてるし。しかも次回のサブタイは「求婚」だし、ウィリアムの婚約が決まってから再会とかだったらエマが辛すぎるな。