TOP

BTM

NEXT

BACK
▶▶
latest
◀◀
B.No
2017/06 [01-/11-/21-] 2017/07 [01-/11-/21-] 2017/08 [01-/11-/---]
[予定表] [えろげ('01, '02, '03, '04, '05, '06, '07, '08, '09, '10, '11, '12, '13, '14, '15, '16, '17)]
Jump → [今日] [前日] [2日前] [3日前] [4日前] [5日前] [6日前] (<4h, <12h, <24h)
Jump → [Jul.30] [Jul.23]

Aug.9.2017 (wed):

きしょー

→ 10:30。

頭痛が酷くて目が覚めた。しょうがなくおっき。

帰省

2週間ほど帰省してくるですよ。

帰ってくるのは多分、21日か22日。


Aug.8.2017 (tue):

きしょー

→ 10:10 → 13:40。

なんか昨日の台風のせいかめっちゃ蒸す――と思ってたら、また雨が降り出した(;´Д`)

本日のお届け物

From amazon.co.jp.

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #11

ドゥルダ郷でロウが再び仲間になったところまで。レベルは Lv.37~40。

ロウが落としたエロ本をグレイグが知っているってどう言うことなの。相変わらずこのシリーズは英雄と呼ばれている人物もどっかおかしいな。ロウはドゥルダでの修行時代のことが色々暴露されちゃってるし。ニマ大師にお仕置きでお尻たたきされるのを目当てに、修行をサボっていたって、それは王族の行いとしてどうなんだ。既にエロ本のことがバレているとは言え、更に変態度が増しとるがな(苦笑)


Aug.7.2017 (mon):

きしょー

→ … → 16:00。

台風のせいで外がびゅーびゅーばたばたうるせえ。おまけに頭痛が酷いし(;´Д`)

アニメ

天使の3Pスリーピース

#05 「君の姿を撮るのが楽しいんだ。なぜなら君はとても可愛いのにそれに全く気がついていないから。」

前回ライブシーンで終わっちゃったから、リトルウィングをどう残すのかと言った原作第1巻のエピローグ辺りの拾遺から、2巻の序盤辺りまでが今回の内容。でも、集客のために3人娘の PV 撮影をする話とか、リトルウィングの皆と一緒にキャンプに行く話はあったのに、3人娘で新曲の作詞をする話は出なかったな。これこそが2巻の山場のキモだったと思うんだけれど。キャンプは早速消化しちゃったし、PV を公開したら、それを見た希美の祖父が尋ねてくるはずだから、その話の流れに巧いこと組み込むんかな?

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #10

屍騎軍王ゾルデを倒してパープルオーブを取り戻し、グレイグが仲間になったところまで。レベルは Lv.36~39。

命の大樹で勇者の剣を入手して最後の戦いへ――なんて、すんなり話が進むわけもなく。ホメロスがグレイグを騙していたのは予想通りだけれど、デルカダール国王は魔王ウルノーガに体を乗っ取られていただけ。ホメロスが何故裏切ったのかは、デルカダール城潜入時の描写で分かったけれど、ウルノーガがいつデルカダール国王の体を乗っ取ったのかは分からないまま。あの感じなら、ホメロスの仕業なんだろうとは思うんだけど、いつどこでその方法を見付けたのかはクライマックス手前辺りで明かされるのかな?

今後やらないといけないことは、ひとまずドゥーランダ山に行く以外に、行方不明になった仲間を探すことと、残り5つのオーブを集めることだけれど、これは平行して展開するんかな? 主人公が何箇月も眠ったままだったのに、誰の音沙汰も分からんのが謎だけれど。


Aug.6.2017 (sun):

きしょー

→ … → 14:20。

目が覚めたから起きはしたけれど、暑さのせいか下痢でやられて何度も目が覚めるから起きただけと言うか(;´Д`)

アニメ

ナイツ&マジック

第6章「Trial & Error」

銀凰騎士団始動。テレスターレをラボに引き渡したことで、ラボではテレスターレの新技術を盛り込んだ新型量産機の開発がスタートする一方で、8箇月後の新型機同士の模擬戦に向けて、更なる新機軸を盛り込んだ幻晶騎士の開発に邁進するエル達。つか、いきなり初手からテレスターレの改良そっちのけで、馬型タンデム機のツェンドルグを造り始めるとか、相変わらずやることが斜め上過ぎるよなあ。まあ、その合間にテレスターレ用の追加武装オプションワークスなんかも、ちゃんと作っていたりするのが変に気が回るところなんだけれど。

おまけに、そんなことをやっている一方で、国王に見せるため以外にも変なもんを作って暴走していたけれど、あれって魔導噴流推進器の実験機トイボックスだよなあ。いきなり超加速で制御不能に陥って、新品のカルダトアをボロボロに破壊して方々から怒られていたけれど。あれ、結局開発は続けられてるし、改造に改造を重ねた挙げ句、最終的には原型を留めなくなるんだよな(苦笑)

Princess Principal

#05 「case7 Bullet & Blade's Ballad」

セントールの悩み

#5 「南極人って噂が一人歩きしてるみたい。」/「でも、結局、南極人って歴史もルーツも謎だよね。」

今回は1話丸ごと南極人の話。1本目は姫乃が南極人にトラウマを持つ原因になったのが南極人を題材にしたカルトムービーで、それに興味を持ったサスサススールと一緒に見て一緒に恐がることで仲良くなる話だったのに、2本目でいきなりスーちゃん呼びになっているのは繋がりが若干おかしいと思う。原作では連続した2話なのか、間が抜けているのか、アニメで端折って変になっているのか、一体どれなんだ?

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #9

クレイモラン王国でブルーオーブを入手して、オーブを6つ揃えたところまで。レベルは Lv.35~37。

ミルレアンの森に行く途中に見えていた古代図書館に寄り道したせいで、結局その後また行くことになって二度手間になってやんの。まあ一度行っていたお陰で、本棚を調べたりせずにさくさく先に進めたけれど。つか、古代図書館も全ての階で討伐モンスターリストの先頭が抜けてるんだけど、これってひょっとしてはぐれメタルか? メタルハンターが居たから怪しいと思うんだけれど、全然出て来ないので分からん。


Aug.5.2017 (sat):

きしょー

→ … → 18:30。

眠いまま眠っているうちに、すっかり生活サイクルが昼夜逆転しているのをどうにかせねば。

アニメ

Fate/Apocrypha

第6話「叛逆の騎士」

サブタイはアーサー王に叛旗を翻したモードレットのことだな。その動機が、父親であるアーサー=アルトリアに息子として認められなかったからって、また分かり易い承認欲求だなあ。そもそも『Fate』世界のアーサー王が女である以上、本作品の設定ではモルゴースだかモルガン・ル・フェイだか知らんけれど、姉との間に子供が生まれるわけがないんだけれど。大方魔術的にアルトリアのクローンを作ったって辺りだろうから、母親は魔女であるモルガンの方か?

ここ暫くジークを含んだ黒陣営視点だったから、久々の赤陣営視点、と言うか獅子劫視点だったな。黒陣営側から出陣したのも、ユグドミレニアの中では一番の常識人っぽい姉弟の姉フィオレとケイローン。ケイローンをモードレットにぶつけるのは順当だけれど、普段車椅子のフィオレはあんなインチキ臭い魔術礼装で戦闘機動が取れるからって、獅子劫と真っ向から戦っちゃ駄目だと思うんだ。

まあ、伏線があったから、間一髪で弟のカウレスが間に合うんだろうけれど。

異世界食堂

第5話「menu9 カツ丼」/「menu10 プリンアラモード」

獅子王ライオネルが剣闘奴隷に落ちた時代が描かれていたけれど、邪神の加護が強い云々のくだりが端折られていたな。邪神殺しの四英雄がわざわざライオネルを狩りに来たと言うことは、あのままならライオネルが次の魔王になっていた可能性が高いと言うことを示唆してはいるわけだけれど。まあ飯テロ作品のバックボーンとしては、これ以上尺を使う程ではないと言うことか? 後、中の人が檜山修之だからって、いちいち叫ばせるな(苦笑)

Bパートは魔女姫ヴィクトリアだったけれど、先祖返りのハーフエルフだと言うことは説明していたけれど、やっぱり取り替え子《チェンジリング》に付いては端折っていたな。やっぱり必要以上にファンタジーの専門用語を説明するつもりはないってことか。

それにしても、段々メシ描写がレベルダウンしてきてるなあ。カツは丼の蓋を開けた瞬間は良いけど、喰ってる最中の一切れとか飯とかの描写がパワーダウンしているし、プリンアラモードはデザートフォークじゃなく何故か普通のフォークで拍子抜け。つか、プリン喰うのに天井部を穿るか? 普通天井から外壁に向けて斜めに掬うだろう。飯テロ作品は飯の描写こそが重要だと何度言えば分かるのか。

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #8

怪鳥の幽谷でシルバーオーブを入手したところまで。レベルは Lv.32~34。

プチャラオ村でまほうのカギを入手した後に、バンデルフォン王国跡の鍵が掛かった扉の話が出たから、てっきりメダル女学園はちいさなメダル集めのための寄り道なのかと思っていたけれど、クエスト「メダ女新聞放浪記」で行った怪鳥の幽谷でオーブが手に入るとは思わなんだ。これ、クエストをちゃんとやってない人はスルーしちゃうんじゃね? あのクエスト以外で怪鳥の幽谷に行くようには言われないし。

後、マップ毎の討伐モンスターリストで、後ろの方に纏まって埋まってない箇所があるのは、昼夜や天候絡みじゃなければ転生モンスターなんだろうと思っていたけれど、壁画世界のが結構抜けていたのはなんでだろう。異空間だから昼夜も天候も関係ないだろうし、やっぱり転生モンスター? そもそもどのモンスターに転生が居るのかよく分かってないのに、同じマップに複数居ると埋めるのがしんどいんだけど。


Aug.4.2017 (fri):

きしょー

→ … → 17:00。

また眠剤がちゃんと効かなくて、こんな時間までだらだらと寝続けてしまった。

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #7

白の入り江でロミアからのマーメイドハープを入手したところまで。レベルは Lv.24~27。

人魚の話だから悲劇で終わるんだろうとは思っていたけれど切ない。気になったのは、ロミアにベールを届けた時に、嘘を吐くかどうかの選択肢が出たけれど、ひょっとして嘘を吐いていたらシナリオ分岐してたんかな? とは言っても、キナイが既に亡くなっている以上、ロミアがそれまで通りキナイを待ち続ける展開にしかならないだろうし、キナイの孫が真実を知るくだりもないだろうけれど。

後、ソルティコの町でシルビアが挙動不審だったのは、行方不明の町長の息子ゴリアテがシルビアの正体だからってことだよな?


Aug.3.2017 (thu):

きしょー

→ 13:20 → 17:50。

クロネコに叩き起こされたものの、まだ眠いから二度寝したら阿呆ほど寝倒してしまった。寝過ぎだ(;´Д`)

本日のお届け物

From amazon.co.jp.

アニメ

ゲーマーズ!

DAY4 「INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ」

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #6

ユグノア城跡でようやく虹色の枝を入手したところまで。レベルは Lv.23~25。

優勝賞品が虹色の枝だったから仮面武闘会に参加したのに、決勝での対戦相手だったロウとマルティナに盗まれて、手紙で来るよう指定されたユグノア城跡まで赴いてようやく入手。そこで色々と話を聞かせてもらったけれど、ロウは主人公の母方の祖父で、マルティナはユグノア王国への魔獣の大襲撃に巻き込まれて死んだと思われていたデルカダールの王女だったのか。つまり、OP の水辺で揺り籠の主人公を逃そうとしていた少女がマルティナだったわけだ。マルティナはロウに助けられて、これまで行動を共にしていたと。

デルカダール国王はそれ以降人が変わったようになって、ユグノア王国が滅んだのもマルティナ王女が巻き添えで死んだのも悪魔の子のせいだと喧伝するようになったわけだけど、ロウに寄ると裏で糸を引いている黒幕がいて、その名はウルノーガらしいことまで判明。早くもラスボスっぽいキャラの名前が出て来たけれど、どうせホメロスかデルカダール国王のどっちかなんだろ?

まあ虹色の枝を手に入れたお陰で、命の大樹へ至る方法が分かったから、これから暫くは6つのオーブのうち、カミュが盗んだレッドオーブと、武闘会準優勝の商品だったイエローオーブは既にあるから、残り4つを探す旅が続くわけだ。


Jul.30.2017 (sun):

きしょー

→ 9:30 → 12:20。

わりと気温自体は下がっていたのに風がほとんどなかったせいか、寝苦しくていまいち寝た気がしない。

本日のお届け物

From amazon.co.jp.

_

From yodobashi.com.

アニメ

ナイツ&マジック

第5章「Hide & Seek」

カザドシュ事変と銀鳳騎士団発足の顛末回。

1話に詰め込むために細部を端折っているせいか、銅牙騎士団の潜入工作の描かれ方が雑。カザドシュ砦の朱兎騎士団が駆るサロドレアを、あんな堂々と背後から近寄って倒すのは、正規騎操士の強さに疑念を抱かされるだけだろ。しかも、わざわざカルダトアを鹵獲したのは、味方と誤認させてテレスターレが格納されている工房まで案内させる作戦だったはずなのに、なんでいきなり門前で暴れ始めているんだよ。それじゃわざわざカルダトアを鹵獲する意味がないだろう。テレスターレを奪ってから暴れないと意味がないだろう。

まあバトル展開になってからは概ね良い感じだったから良いけれど。毎度戦闘シーンにばかりリソースを割き過ぎていると思うんだよな。まあ今回の主役バトルはアールカンバー対銅牙騎士団団長ケルヒルトの駆るテレスターレだったけれど。ディーもそこそこ活躍していたし、エルやキッドも頑張っていたけれど、やっぱりちんまいと見せ場としてはいまいち。つか、キッドの林の中を転げ回っているうちに張り巡らされたワイヤーが、結果としてトラップになっていた件を拾うのか。キッドは転げ回って逃げ惑うだけだから見せ場とは言えないのに(苦笑)

Princess Principal

#04 「case9 Roaming Pigeons」

case No. が飛んだせいで、いきなりちせが増えてる。ちせの立場は堀川公からの預かりと言うことらしいけれど、堀川公が誰だか分からん。飛ばされているエピソードのちせ登場回辺りで出てくるんだろうけれど。と言うか、今のところちせはチームに協力しつつ王国側と共和国側のどちらが日本に有益なのかを探っていると言うことだけで、どう言う理由でアンジェ達のチームに協力しているのかも不明だし。

一方、ドロシーはドロシーでプリンセスが二重スパイである可能性を監視していると。どうもプリンセスはそれに気付いて行動しているっぽいし、アンジェも気付いているっぽいし、裏の司令を受けずに素直にスパイ活動しているのって、ベアトだけな気がする。

つか、プリンセスがふたり切りの時にアンジェのことをシャーロットと呼んでいるのは、アンジェの本名か、もしくは子供の頃に使っていた偽名か? アンジェが何故プリンセスと幼馴染みであることを他のメンバーに隠しているのかが不明だけれど、アンジェにも裏があるんだろうなあ。

セントールの悩み

#4 「ラブレターをもらって困惑する…その心は?」/「UFO、UMAの類を信じるか信じないかでタイプが分かれるよね。」

Aパートのエピソードって、確か原作第1巻の最初に収録されている、何かの賞を受賞して読み切り掲載されたやつじゃなかったっけ? 本作のタイトルが『セントールの悩み』なのも、このエピソードの題名を引き継いでいると言う。俺、これを最初に読んだせいで、その後もずっと亜人の下半身事情を交えた、ちょっと下世話な日常ものだと思い込んでいたんだよな。実際は全然そうじゃなかったけれど。つか、賞の応募作に人馬の性器が黒いかどうかなんてネタをぶっ込むかと(苦笑)

Bパートは南極蛇人登場編。って、姓がケツァルコアトルってまんまだな。そもそもなんで「南極」蛇人なのに、南米のアステカ文明と交流があるんだろう。南米大陸の南端が南極大陸と比較的近いけれど、アステカは中米だしなあ。謎過ぎる。後、蛇みたいな頭部なのに、ちゃんと四肢が生えているけれど、他の六肢人と進化過程でどう分岐したんだろう。

それから、姫乃が入れてたコーヒーだかは、なんで電気ポットから直接出て来てんだ? 作画ミスか?

3DS『DRAGON QUEST Ⅺ 過ぎ去りし時を求めて』SQUARE ENIX amazon

play #2

ホムラの里でベロニカとセーニャが仲間になったところまで。レベルは Lv.12~13。

途中、強制イベントで寄ったヨッチ村でクエストをひとつクリアしたけれど、シリーズ旧作との関連はあんな形でだったとは。世界名がロトゼタシアだから、ロト3部作と繋がりがあるのかとか思っていたけれど、よもやシリーズ全作が出てくるとはなあ。とは言っても、すれちがい通信絡みのサブイベントだから、多分本編にはほとんど影響しないんだろうけれど。

後、ひとつ目のクエストで行った『DQⅠ』のガライの町は正直全然憶えていなかったけれど、グラフィックまでファミコン風になるとは思わなんだ。そのくせ戦闘背景がそれらしくないのは片手落ちだと思ったけれど。モンスターも『DQⅠ』には登場しなかったやつが出てくるし。


Jul.23.2017 (sun):

きしょー

→ 14:10 → 16:20。

なかなか眠くならなかったせいで、またこんな時間まで(;´Д`)

アニメ

ナイツ&マジック

第4章「Light & Shadow」

燃費の悪さを補う方法で、アディの「人の形ををしていなくていい」と言う意見から、板状結晶筋肉と畜魔力式装甲が開発されるのは原作通りなのに、両者の開発過程や具体的な名称が出て来ず、どう装着するかってところに話が飛んでたな。格好悪いおデブ形態も、肉襦袢みたいコミカライズ版から体中にドラム缶を生やしたような形状に変わっていて、着膨れ感がなくなっていたけれど、なんで変更したんだろう?

でもって、開発が一先ず完了したテレスターレは、原作通りディクスゴード公爵の命でカザドシュ砦に送り届けることに。途中で地砕蚯蚓の襲撃があるのは原作通りだけれど、アニメでははっきりと銅牙騎士団の工作に因る襲撃と言う描写がされていたな。まあ話の流れ的にどう見ても工作なんだけれど、この辺は視点を移動しやすいアニメならではの補完か。

後、地砕蚯蚓戦はなんか原作やコミカライズ版以上にエルが大暴れしていた感じだったんだけど。テレスターレが性能を発揮する見せ場のはずなのに、それ以上に立体起動で地砕蚯蚓の攻撃を躱しまくりながら魔法で撃退していくエルの方が余程とんでもなかったのは、ある意味演出ミスな気もする。まあエルは規格外と言うことで納得しとくところなのかもしれんけれど(苦笑)

Princess Principal

#03 「case2 Vice Voice」

今回はベアトリス回。プリンセスと幼馴染みで、自分がプリンセスの一番傍に居るべきだと思っているらしく、プリンセスの意向に逆らってスパイ活動に協力することに否定してばかり。あまつさえ、護身術すら身に付けてなさそうなのに「私が姫様を護る」とか大きなことを言うし。任務に協力する気もないのに付いてきて結局足を引っ張るだけで、なんだこのウザいキャラはと思ったけれど、何の役にも立たなそうなキャラに見えて、ちゃんと見せ場が用意されているのは巧いと思った。ベアトの声帯が機械仕掛けなのは、この伏線だったのな。

前回からの引きでは、プリンセスとアンジェが幼馴染みらしいことと、プリンセスがスパイと手を組んでまで女王を目指している理由が明かされたけれど、女王になればベルリンの壁を崩せると思うのは甘いんじゃないかなあ。共和国が何故離叛したのかを解決しないことには。

セントールの悩み

#3 「小さい子のあのバイタリティは何処からくるの?」/「時代や年代を問わず、魔法少女って人気あるよね。」

委員長たまちゃんの三つ子の妹と、更に末の妹が登場したけれど、作品世界での婚姻と遺伝についてがよく分からんな。たまちゃんは翼人なのに、三つ子は長耳人で、末妹は長耳かつ翼人だったし。まあ前回も長耳人と人魚のカップルが出ていたし、あの世界では同種じゃなくても結婚出来るんだろうけれど、遺伝はどうなっているんだろう。人馬と翼人みたいに矛盾する形態の両方を受け継ぐことは物理的に不可能だろうけど、わりとブラックなところもある世界観だから矛盾する形態は致死遺伝子だったりしそうな気もする。

Bパートはサブタイと内容関係なくね?てのは兎も角。三つ子は留守番を頼まれていたのに、呼んだ友達と神社の境内で遊んでいて留守番しとらんがなと思ったけれど、三つ子が賽銭の話題を出したり、すえちゃんが熱を出してすぐに家に帰ったりしていたところからすると、要するにあの神社が御魂家って言うことなのか? でも、父親は会社員兼画家ってことは神主ではないんだろうし、普段神社は放ったらかし?




copyright 2000-2017 so.